2017年8月2日付
東北も梅雨明け

北部、平年より5日遅く

8月の明けは4年ぶり

 仙台管区気象台は2日、「東北は梅雨明けしたとみられる」と発表した。北陸、東北同時の梅雨明けで、本県を含む東北北部は平年より5日、昨年より4日それぞれ遅い。同北部で8月に入ってから梅雨明けしたのは4年ぶり。

 湿った東風の影響を受け、東北は太平洋側で曇りの所があるものの、晴れている所が多い。向こう1週間、日本海側は高気圧に覆われて晴れる日が多い。また、太平洋側は湿った東風の影響で曇りの日もあるが、高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込みだ。このため、同気象台は「東北は2日ごろに梅雨明けしたとみられる」とした。

 気象庁が作成した今年の全国の梅雨明け状況は下表のとおりだが、九州北部、四国、北陸、東北南部、北部はそれぞれ平年より遅い。東北まで梅雨明け宣言が出されたことにより、梅雨のない北海道を除く全国で梅雨が明けたことに。

 東北北部での8月に入ってからの梅雨明けは、「8月10日ごろ」だった25年以来4年ぶり。同月の梅雨明けは、昭和26年の観測史上20回目となる。ちなみに、同史上最も遅かったのは平成3年の「8月14日ごろ」で、昭和58年、平成10年、13年、15年、21年の5年間は「はっきりしなかった」として梅雨明け宣言をしなかった。 (午前11時半)

今年の梅雨明け
地方 29年 平年差 昨年差 平年 昨年
沖縄 6月22日ごろ 1日早い 6日遅い 6月23日ごろ 6月16日ごろ
奄美 6月29日ごろ 同じ 11日遅い 6月29日ごろ 6月18日ごろ
九州南部 7月13日ごろ 1日早い 5日早い 7月14日ごろ 7月18日ごろ
九州北部 7月20日ごろ 1日遅い 2日遅い 7月19日ごろ 7月18日ごろ
四国 7月19日ごろ 1日遅い 1日遅い 7月18日ごろ 7月18日ごろ
中国 7月19日ごろ 2日早い 1日遅い 7月21日ごろ 7月18日ごろ
近畿 7月19日ごろ 2日早い 1日遅い 7月21日ごろ 7月18日ごろ
東海 7月19日ごろ 2日早い 9日早い 7月21日ごろ 7月28日ごろ
関東甲信 7月19日ごろ 2日早い 10日早い 7月21日ごろ 7月29日ごろ
北陸 8月2日ごろ 9日遅い 14日遅い 7月24日ごろ 7月19日ごろ
東北南部 8月2日ごろ 8日遅い 4日遅い 7月25日ごろ 7月29日ごろ
東北北部 8月2日ごろ 5日遅い 4日遅い 7月28日ごろ 7月29日ごろ