2017年7月30日付
発送は10%以上減少

大館能代空港の上半期貨物取扱量

何とか3万キロ台維持

  大館能代空港(東京便・1日2往復)の今年上半期(1-6月)の貨物取扱量は、かろうじて3万キロ台を維持したものの、発送で10%以上落ち込んだのを主因に、総重量も減少した。上半期の搭乗者数は同期の東京便としては14年ぶりに6万人を突破し、過去最多を記録した反面、貨物取扱量はじり貧傾向にあった。

 県の大館能代空港管理事務所が作成した同空港の1-6月の月別取扱量内訳は下表のとおりだが、上半期全体の総重量は前年同期比2,659キロ、7.9%減の3万805.8キロで、何とか3万キロ台を維持。

 このうち到着は同1,093.1キロ、4.8%減の2万1,626.3キロと、比較的小幅な減少にとどまった。これに対し、発送は同1,565.9キロ、14.6%減の9,179.5キロで、1万キロを割り込んだ。

 ちなみに、28年計は到着が減少した一方、発送が前年の2倍近くにのぼったことで全体実績を高め、5年ぶりに7万キロを突破。今年は引き続き到着が伸び悩んでいるのに加え、発送が前年の好調さの反動を受け、最終的に2年連続の7万キロ超えは望み薄と予想される。  

区分 東京便
到着 発送

(単位:kg)


製品 20.0 24.5 44.5

部品

0.0

衣類 3.8 329.3 333.1

活犬 11.1 227.5 238.6
1月 印刷物 18.1
18.1

野菜

0.0

工具

0.0

その他 2,765.2 390.8 3,156.0

2,818.2 972.1 3,790.3

製品 35.4 20.9 56.3

部品

0.0

衣類 2.8 90.8 93.6

活犬 31.3 185.2 216.5
2月 印刷物

0.0

野菜

0.0

工具

0.0

その他 3,027.8 1,055.5 4,083.3

3,097.3 1,352.4 4,449.7

製品 16.1 65.0 81.1

部品

0.0

衣類 6.8 417.6 424.4

活犬 50.8 218.7 269.5
3月 印刷物 1.3
1.3

野菜
52.5 52.5

工具

0.0

その他 4,157.6 931.3 5,088.9

4,232.6 1,685.1 5,917.7

製品 41.0 343.0 384.0

部品

0.0

衣類 118.6 834.9 953.5

活犬 50.6 187.3 237.9
4月 印刷物 1.0
1.0

野菜

0.0

工具

0.0

その他 3,737.2 808.7 4,545.9

3,948.4 2,173.9 6,122.3

製品 11.0 618.0 629.0

部品

0.0

衣類 2.3 155.3 157.6

活犬 64.2 185.1 249.3
5月 印刷物

0.0

野菜
11.1 11.1

工具

0.0

その他 3,284.7 534.5 3,819.2

3,362.2 1,504.0 4,866.2

製品 23.3 18.8 42.1

部品

0.0

衣類 57.0 673.1 730.1

活犬 150.1 243.1 393.2
6月 印刷物

0.0

野菜

0.0

工具

0.0

その他 3,937.2 557.0 4,494.2

4,167.6 1,492.0 5,659.6