2017年7月26日付
11年ぶり8強入り
 
全県少年野球で合川
 
秋田北地方勢で唯一勝ち残る

 第83回全県少年野球大会兼第66回県中学総体軟式野球大会(県中体連など主催)第2日は26日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦8試合を行った。秋田北地方勢は合川が天王南に6-0で完勝し、8強に名乗りをあげた。一方、比内は横手南に1-5、八幡平は山王に0-4で敗れ、同地方勢は合川を残すのみとなった。

 11年ぶり12度目出場の合川(北秋田市・大館北秋田1区)は、初出場の天王南(潟上市・男鹿潟上南秋1区)と八橋球場で対戦。2回に1点先制したのに続いて5回に1死2、3塁から3点、6回に2点を加えて突き放し、6-0で天王南に完勝。5回の2塁打3本を含む、7本の長打が光った。

 10年ぶり9度目出場の比内(大館市・大館北秋田2区)は、3年連続14度目出場の横手南(横手市・横手1区)とこまちスタジアムで対戦。3回に1点先制したものの、5回の大量4点に続いて6回に1点追加され、1-5で初戦敗退した。

 7年ぶり11度目出場の八幡平(鹿角市・鹿角地区)は、6年ぶり7度目出場の山王(秋田市・秋田1区)と八橋球場で対戦。八幡平は山王に初回2点を皮切りに、3回、5回に各1点を追加され、好機を生かせないまま0-4で完敗した。

 県大会出場の秋田北地方勢4校のうち唯一勝ち残って準々決勝にこまを進めた合川は、4強入りをかけて27日午前10時半から八橋球場で山王と対戦する。強みの打撃力を武器に、準優勝だった前回11年前を超える成績が残せるか、注目される。(午後4時15分)

前の記事

1 2 3 4 5 6 7
合 川

0

1 0 0 3 2 0 6
天王南 0 0 0 0 0 0 0 0
2回戦・ 八橋球場

1 2 3 4 5 6 7
比 内

0

0 1 0 0 0 0 1
横手南 0 0 0 0 4 1 × 5
2回戦・ こまちスタジアム

1 2 3 4 5 6 7
山 王

2

0 1 0 1 0 0 4
八幡平 0 0 0 0 0 0 0 0
2回戦・ 八橋球場