2017年7月25日付
下川沿は初戦敗退
 
全県少年野球で秋田北地方勢
 
26日に八幡平、合川、比内

 第83回全県少年野球大会兼第66回県中学総体軟式野球大会(県中体連など主催)は25日、秋田市の八橋球場と潟上市の長沼球場で開幕した。八橋同での開会式を経て、第1日は1回戦5試合を行っている。秋田北地方勢は、下川沿(大館北秋田1区)が秋田東(秋田2区)に2-0で敗れ、前年に続いて初戦敗退した。

 秋田市のこまちスタジアムを含む3球場で行う今大会には例年と同様、6月の各地区大会で優勝した計21校が出場。うち秋田北地方勢は2年連続2度目の下川沿(大館市・大館北秋田1区)、10年ぶり9度目の比内(同・同2区)、11年ぶり12度目の合川(北秋田市・同3区)、7年ぶり11度目の八幡平(鹿角市・鹿角地区)の4校。

 地区大会決勝で2-1で競り勝って連続出場をものにした下川沿だったが、2年ぶり20度目出場の強豪、秋田東(秋田市・秋田2区)に5回に均衡を破られ、1死2、3塁から1点、さらに暴投で2点目をもぎ取られた。好機を生かしきれなかった下川沿は、そのまま2-0で逃げ切られ、今年も初戦を突破できなかった。

 大会第2日の26日、秋田北地方勢は合川が天王南(潟上市・男鹿潟上南秋1区初出場)-象潟(にかほ市・本荘由利1区2年連続17度目)の勝者と午後零時半から八橋球場で、比内が稲川(湯沢市・湯沢雄勝2区7年連続23度目)-横手南(横手市・横手1区3年連続14度目)の勝者と同零時半からこまちスタジアムで、八幡平が山王(秋田市・秋田1区6年ぶり7度目)と同2時半から八橋球場で各2回戦を予定している。(午後2時)

25日付続報:25日の1回戦は、天王南が象潟に3-2で競り勝った。これにより、秋田北地方勢の合川は26日の2回戦で天王南と対戦することになった。また、1回戦で横手南が稲川に6-0で圧勝。この結果、同地方勢の比内は26日の2回戦で横手南と対戦することに決まった。

1 2 3 4 5 6 7
秋田東

0

0 0 0 2 0 0 2
下川沿 0 0 0 0 0 0 0 0
1回戦・ 長沼球場