2017年7月23日付
北秋田市阿仁で200ミリ超え
 
降り始めからの雨量
 
県内、夕方にかけて大雨か

 秋田地方気象台が23日午前6時15分に発表した最新(第8号)の「大雨と雷及び突風に関する気象情報」によると、県内はこれまでに降った大雨で地盤が緩み、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所や氾濫している河川があり、きょう夕方にかけ、雷を伴って非常に激しい雨の降る所がありそうだ。降り始めからきょう午前6時までの主な地点の雨量のうち秋田北地方は、北秋田市阿仁地域で200ミリを超えた。

 前線が、カムチャツカ半島付近の低気圧から東北を通って日本海へのびている。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化。同前線の東北での停滞により、県内は大気が非常に不安定な状態が続く見込みだ。

 22日午前2時からの降り始めから23日同6時までの雨量のうち、秋田市雄和では332.5ミリに達し、県内の主な地点の中で唯一300ミリを超えている。秋田北地方関係は北秋田市阿仁合で203.5ミリ、同市比立内で203ミリと、阿仁地域で200ミリを超えた。

 きょう夕方にかけて県内は、雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降り、大雨に見舞われる所がある見込み。24日午前6時までに予想される24時間雨量は、多い所で160ミリとみている。

「23日は土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒を」と同気象台。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要なほか、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼びかけている。

 午前6時半現在、秋田北地方には全5市町村に大雨警報(土砂災害)、鹿角、北秋田、上小阿仁の3市村に洪水警報をそれぞれ継続発令中。これに加えて鹿角、北秋田両市には、同気象台と県が土砂災害警戒情報を出している。県内は、避難指示や河川の氾濫危険水位超過、道路の通行止め、JRの運転見合わせなどが続出。  (午前6時半)