2017年7月7日付
全調査地点で改善

米代川の水質

県内、玉川が「最も良好な河川」

 秋田北地方を含む県北地域と深いかかわりをもつ1級河川、米代川は全調査地点で水質が改善された。国土交通省が7日公表した28年1級河川の現況で示されたもの。県内の1級河川のうち雄物川水系の玉川は、全国の「水質が最も良好な河川」の仲間入りをした。

 同省は、昭和33年(東北は同35年)から1級河川(国土交通大臣管理区間)で水質調査を実施。同省東北地方整備局が作成した28年調査結果のうち県内の状況は下表のとおりだが、県北の米代川は川の汚れの程度を測る代表的な尺度、BOD(生物化学的酸素要求量)が大館市十二所と新真中橋で各0.6(前年各0.8)、北秋田市鷹巣で0.7(同0.9)、能代市二ツ井町で0.6(同0.9)、同市で0.6(同0.8)といずれも改善した。

 東北では、阿武隈川水系荒川が荒川橋、信夫橋の調査2地点でBODがいずれも環境省が定める報告下限値となる0.5を維持し、7年連続で「最も良好な河川」に。28年はこれに加えて本県の玉川も調査2地点でBODがそろって0.5を達成し、全国の「最も良好な河川」18河川の一角に食い込んだ。

 このほか、東北で環境基準(BOD・COD)を満たしている地点は調査144地点中、93%を占める134地点にのぼり、BOD調査対象の131地点中、96%を占める126地点でヤマメやイワナが生息できる水質レベルのBOD値(1リットルあたり2ミリグラム)を示した。(午後4時半)

170707P1.JPG - 27,473BYTES
170707P2.JPG - 63,905BYTES