2017年6月21日付
秋田北地方は3社

県のがんばる中小企業応援事業

本年度1回目採択企業

 がんばる中小企業応援事業に取り組んで4年目を迎える県は20日、本年度1回目の同企業(製造業)として13社を採択した、と発表した。うち秋田北地方関係は3社

 同事業は、自ら挑戦と改革を続けて競争力の強化を図ろうとする企業を「がんばる中小企業」に認定し、その取り組みをハード、ソフト両面から支援しようというもの。

 (1)新商品・新サービスの開発、生産、販売(2)新分野進出(3)新たな生産方法の導入、のいずれかに該当する新規性の高い事業に取り組む企業を「がんばる中小企業」とし、事業計画に基づく取り組みに要する経費を補助する。県内に拠点を有し、かつ県内で1年以上の事業実績があることなどを条件としている。

 本年度1回目は4月10日-5月19日にわたって公募し、審査の結果、県全体で13社の取り組みを採択した。うち秋田北地方からは北秋田市の秋田青木精機、鹿角市のドリック、小坂町の十和田オーディオがそれぞれ選ばれた。同3社の事業テーマなどは下表のとおり。

採択企業名 事業テーマ 所在地
秋田青木精機 ターボチャージャーシャフト受注拡大に対する研磨技術力の
向上と生産ラインの整備
北秋田市
ドリック アルミ材複合加工技術の確立による船舶用部品への進出 鹿角市
十和田オーディオ 社新規の光ディスク製品の開発、ガラスディスクの生産 小坂町