2017年5月26日付
大館桂桜は初戦敗退
 
金足農に1-4で屈す
 
第65回春季高校野球県大会開幕

 第65回春季東北高校野球県大会(県高校野球連盟主催)は25日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で開幕した。第1日は1回戦3試合と2回戦2試合を行い、このうち秋田北地方勢は1回戦で大館桂桜が金足農に敗退した。

 県大会には大館鳳鳴、大館桂桜の同地方勢2校を含む地区大会を勝ち抜いた19校が出場。6月8日〜12日の日程で宮城県の仙台市民球場、石巻市民球場、利府町中央公園野球場で行う春季東北大会の出場権(上位3校)、また7月11日〜23日の日程でこまちスタジアムなどで行う全国高校野球選手権秋田大会のシード権(同8校)をかけ、29日まで熱戦を繰り広げる。

 大会初日の25日は、こまちスタジアムでの開会式を経て、1回戦3試合と2回戦2試合を行った。このうち秋田北地方勢は、1回戦で大館桂桜が金足農と対戦。3回に1死2塁からの本塁打を含む2点を先制されたのに続き、5回と8回に各1点を許した桂桜は7回に1点返すも力尽き、1-4で初戦敗退した。

 大会第2日の26日、同地方勢は午前11時20分からこまちスタジアムで県北地区大会4強の大館鳳鳴が、県南同4強の横手と2回戦に臨む。昨春の鳳鳴は県大会で惜しくも4強を逃しただけに、今春は躍進が期待される。 (午前零時)  前の記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大館桂桜 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
金 足 農 0 0 2 0 1 0 0 1 × 4
1回戦・こまちスタジアム