2017年5月22日付
イベントを楽しみ、タケノコに舌鼓
080530AP.JPG - 52,982BYTES
毎年多くの来場者でにぎわう田代名産たけのこ祭り
田代名産たけのこ祭り

今年は6月11日に

 大館市の初夏の風物詩として定着している「田代名産たけのこ祭り」は、6月11日午前10時から田代スポーツ公園内の多目的運動広場で開かれる。今年も手づくりイベントで"タケノコファン"を迎える。

 たけのこ祭りは、名産のタケノコを広くアピールするとともに、町の活性化や町民の郷土愛意識の高揚などに役立てようと、旧田代町時代の昭和62年に始まった季節イベント。大館市のほか地元JA、婦人会などで組織する実行委員会が主催し、今年は31回目を数える。 

 ステージイベントは下表のとおりだが、子供たちにも楽しんでもらえるよう毎年用意しているキャラクターショーは、県内のイベントなどで引っ張りだこの超神ネイガーが今年もお目見え。

 会場では例年同様、田代岳周辺で採れた生タケノコやタケノコ水煮、タケノコ汁の販売も行われる。いずれも同10時半に販売開始。このほか、白神生ハムや比内地鶏焼き鳥、白神ねぎ焼き、さくら豚バラ串など多数の出店を予定。

ステージイベント
開会行事(午前10時)
たしろ保育園児おゆうぎ発表(午前10時10分-同25分)

1日人権擁護委員の委嘱とPR(午前10時半-同40分)

たけのこ早食い競争(午前10時45分-同11時5分)

たけのこ祭りコンサート(午前11時15分-正午)
たけのこ皮むき競争(午後1時半-同50分)
超神ネイガーショー(午後2時-同3時)