2017年5月19日付
全国を0.5㌽上回る

3月末現在の就職内定率

県内の今春高卒者

 厚生労働省は19日、今春高卒者の3月末現在就職内定状況を公表した。本県の就職内定率は過去20年間で最高タイの99.7%となり、全国平均を0.5ポイント上回った。

 全国平均の就職内定率は、前年同期を0.1ポイント上回る99.2%。同現在としては7年連続で上昇し、4年の99%以来24年ぶりに99%台に達した前年同期に続く99%台に。また、求人倍率は同0.19ポイントアップの2.23倍と、2年連続で求職者1人に対して2社以上の求人があった。6年連続で上昇し、6年の2.46倍以来22年ぶりに2倍を超えた前年同期に続く2倍超え。

  東北各県の内定状況は下表のとおりだが、うち本県の就職内定率は前年同期と同率の99.7%。4年連続で99%台に達し、前年同期と並んで過去20年間で最も高い。また、全国平均を0.5ポイント、東北6県の平均を0.3ポイントそれぞれ上回った。

 なお、秋田労働局は同日、4月末現在の就職内定状況を公表した。同内定率は3月末現在から0.1ポイント上昇し、99.8%となった。前年同期に比べて0.1ポイントダウンし、県内就職希望者者4人が未内定。  (午後3時)

160520AP1.JPG - 46,102BYTES
170519AP.JPG - 107,445BYTES