2017年5月14日付
県内も本格的活動期へ

家屋の大敵シロアリ
家屋の大敵シロアリ

早期防除を呼びかけ

 家屋の大敵シロアリの本格的活動期に入るにあたり、秋田北地方をはじめ県内の虫駆除専門業者は、各家庭に早期防除を呼びかけている。同地方は寒冷地のため、シロアリもそれほど多くは発生しないだろうと考えられがち。しかし、専門業者は「住宅にも毎年かなりの被害が出ている。家の中で数匹見かけたら、縁の下に5万から10万匹はいると考えていい。人間で言えばガンと同じで早期発見、早期治療(駆除)が大切」と話している。

 同地方の先月の平均気温は大館が8.7度(平年8.2度)、鹿角が7.7度(同7.6度)、鷹巣が8.8度(同8.2度)などいずれも平年を上回った中、活動の好適温となる今後6月にかけて本格的な活動期に入るものとみられ、成長したシロアリに羽がはえて家の中を飛び回る群飛の現象も。

 梅雨期に入れば活動も表面化しにくくなるが、このころになると家の建材や土台を貪り食う。表面に出ているものは素人でも殺虫可能だが、縁の下に数多くいるとあっては、プロに任せる以外に手のほどこしようがないようだ。

 地元の専門業者は、家庭でできるシロアリ防除法として●床下の残材清掃、通風を良くする●門柱、干し物柱、ベランダ柱、塀柱を直接土中に入れない●新築時に予防処理する、などを一般家庭に呼びかけている。