2017年3月31日付
鷹巣大館道路に14億7,600万円
170331AP.JPG - 104,169BYTES
架け替えに向けて1億円の調査設計費を計上した白沢跨線橋
国交省、29年度事業概要

白沢跨線橋、新規で架け替えへ

 国土交通省は31日、29年度の事業概要を公表した。秋田北地方関係の主な事業のうち、29年度の全線開通を見込む鷹巣大館道路(U期)には14億7,600万円を計上。また、新規事業として大館市の国道7号白沢跨線橋を架け替える計画で、29年度は調査設計費1億円を盛り込んだ。

 同省は、東北の29年度事業のポイントに〇東日本大震災からの復興・創生〇国民の安全・安心の確保〇生産性向上による成長力の強化の3点を据え、「元気で明るい東北」の実現を目指す方針。

 29年度事業概要のうち秋田北地方の道路関係は下表のとおりだが、29年度に待望の全線2車線が開通する鷹巣大館道路(U期)は14億7,600万円の予算で延長1.7キロ区間の改良、橋梁、舗装などの各工事を行う。

 鷹巣大館道路は、日本海沿岸東北自動車道の一部を構成し、物流・交通拠点や高次救急医療施設へのアクセス向上、緊急輸送道路の信頼性向上などを図り、高規格幹線道路ネットワークを形成する自動車専用道路。

 同全線開通により、大館能代空港へのアクセス時間短縮や定時性の確保で観光エリアの拡大が期待される。また、空港直結ICの開通により、9年ぶりに国内チャーター便が就航した同空港を活かしたツアー企画など、周遊観光の可能性がさらに拡大すると見込んでいる。

 一方、新規事業に盛り込んだ大館市の国道7号白沢跨線橋(橋長45メートル)は、竣工後50年が経過した老朽橋。熊本地震で落橋した橋脚と同形式のロッキング橋脚であることや、施工上の制約条件などから橋梁架替を実施し、通行の安全性確保を図る。

 これにより、大規模地震に対する安全性向上や主要幹線道路としての機能を確保し、信頼性の高い道路ネットワークを形成する方針だ。29年度は調査設計などに取り組むことにし、1億円を当初予算に計上した。

 このほか、秋田北地方の河川関係は米代川の河川改修事業として大館市川口、外川原、長坂地区などで河道掘削と用地取得を行うことにし、計13億5,700万円の予算を計上。   (午後3時半)

工種 路線名 市町村 事業名(箇所) 事業費 備考
直轄事業・改築 国道7号 能代市〜北秋田市 二ツ井今泉道路 25億2,000万円
北秋田市 鷹巣大館道路(U期) 14億7,600万円
大館市 白沢跨線橋架け替え 1億円
直轄事業・交通安全 北秋田市 秋田7号交通安全対策 1,800万円 坊沢付加車線整備、糠沢同各900万円
大館市 大館地区交差点改良1,800万円
直轄事業・電線共同溝 大館市 秋田7号電線共同溝 3億円 長倉地区電線共同溝
補助事業・大規模修繕 市道坊沢〜大向線 北秋田市 坊沢大橋 2,000万円