2017年3月23日付
100万人割れカウントダウン

1日現在、県人口100万4,310人

90万人台への突入、今月の公算大

 県人口の100万人割れが、カウントダウンに入った。県調査統計課が23日公表した2月中の動きを示す今月1日現在の県人口は100万4,310人。1年の中で最も人口の流出が大きい今月、90万人台に突入する公算が大きい。

 県の人口と世帯数は27年国勢調査の確定値を基礎に、毎月の住民基本台帳などの登録増減数を加減して算出。ただし、県内市町村間の移動者数を含んでいないため、各市町村が広報などに掲載している人口の総計(市郡計)と一致しないほか、届け出に時間的なずれなどがあるため、各市町村が把握している転入者数、転出者数とも開きがある。

 今月1日現在の県人口は男性47万1,710人、女性53万2,600人の計100万4,310人で、前月に比べて1,057人、0.11%減少した。前月比は1月1日現在が1,245人減、2月同が1,250人減、3月同は1、2月より減少数が縮小したものの、3カ月連続で1,000人を超えた。

 本県は人口減少の歯止めが最大課題の1つとされる中、県史に大きな影を落とす100万人割れがいよいよカウントダウンに入った。ちなみに、3月は県外就職や進学などを背景に1年で最も人口流出が大きく、過去5年間の3月中の減少数推移は24年が4,329人、25年が4,890人、26年が4,602人、27年が4,647人、28年が4,561人。

 今月中の減少数が4,311人以上となれば90万人台に突入する計算で、過去5年間の3月の平均減少数が4,606人ということからしても、今月中に100万人を割り込む可能性は高い。

 このほか、秋田北地方の1日現在人口は14万3,980人。2月中に14万4,000人を割り込んだものの、前月比減少数は10カ月ぶりに200人を超えた2月1日現在の225人から114人に縮小した。同地方の市町村別人口と世帯数は下表のとおり。(午後1時半)

秋田北地方の29年3月1日現在の人口と世帯数
市町村 人口計 前月比 世帯数計 前月比
大館市 72,899人 64人減 28,235世帯 14世帯減
鹿角市 31,293人 21人減 11,396世帯 2世帯減
北秋田市 32,350人 18人減 12,155世帯 8世帯増
小坂町 5,169人 1人減 2,119世帯 1世帯増
上小阿仁村 2,269人 10人減 895世帯 4世帯減
合計 143,980人 114人減 54,800世帯 11世帯減