2017年3月19日付
秋田北地方全日制は14人

県公立高校、2次募集締め切る

大館鳳鳴の定時制は6人

 17日に開始した29年度県公立高校入試2次募集の出願受け付けは、18日午前11時で締め切られた。秋田北地方の全日制は7校中6校、8学科で募集し、計101人の募集枠に対して14人が志願。また、大館鳳鳴の定時制は53人の募集枠に対し、志願者は6人だった。同地方は全日制、定時制とも2次志願者全員が17日に出願し、18日は皆無。

 2次募集は、原則として一般選抜受験で合格を逸した志願者が対象。全日制は県全体で538人(前年度は591人)、定時制は262人(同238人)それぞれ募集した。

 秋田北地方の志願状況は下表のとおりだが、うち全日制は前年度より2校、3学科多い6校、8学科で募集。合計で前年度より45人多い101人募集したのに対し、同3人多い14人志願した。

 2次募集人員全体に占める志願者数の割合は、前年度を5.7ポイント下回る13.9%。同地方全日制の平均志願倍率は、同0.06ポイントダウンの0.14倍にとどまった。

 志願倍率が1倍に達したのは、前年度に続いて秋田北鷹の普通(2人の募集に対して2人が志願)だけで、花輪の普通、小坂の環境技術はともに志願者が皆無。また、募集人員が前年度(17人)の約2.5倍の42人と県内2番目タイで多い十和田の普通は、わずか1人(前年度は4人)が志願するにとどまった。

 一方、募集2年目の大館鳳鳴・定時制はT部(昼の部)が募集枠20人(前年度は18人)に対して6人(同5人)が志願したものの、U部(夜の部)は33人(同34人)の2次募集に対して志願者が2年連続皆無。2次は、22日に各実施校で面接(一部高校で作文)を行い、24日に合格発表。 (午前零時)        前の記事 

29年度県公立高校入試
2次募集に対する志願者数
=秋田北地方関係=

全日制課程

学校名 学科名 男女別 2次募集人員/()は前年度 志願者数/()は前年度 志願倍率/()は前年度
花輪 普通 男女 12(4) 0(1)

0.00(0.25)

十和田 普通 男女 42(17) 1(4) 0.02(0.24)
小坂 普通 男女 15(23) 3(2) 0.20(0.09)
環境技術 男女 8(9) 0(1) 0.00(0.11)
大館桂桜 電気 男女 3(−) 2(−) 0.67(−)
大館国際 国際情報 男女 10(−) 4(−) 0.40(−)
秋田北鷹 普通 男女 2(3) 2(3) 1.00(1.00)
緑地環境 男女 9(−) 2(−) 0.22(−)
秋田北地方計 101(56) 14(11) 0.14(0.20)
 
定時制課程

学校名 学科名 男女別 2次募集人員/()は前年度 志願者数/()は前年度 志願倍率/()は前年度
大館鳳鳴 普通T部 男女 20(18) 6(5) 0.30(0.28)
普通U部 男女 33(34) 0(0) 0.00(0.00)