2017年3月13日付
秋田北地方から田沢

全国JOCジュニア五輪杯春季水泳

27日に競技開幕

 第39回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会(日本水泳連盟主催)は、27日から4日間にわたって都内江東区の東京辰巳国際水泳場で行う。秋田北地方からは、田沢尚紀(大館国際情報学院中2年・大館スイミングスクール所属)が出場する。 

 個人種目(自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、個人メドレー)とリレー種目(リレー、メドレー同)で覇を競う同大会は10歳以下、11-12歳、13-14歳、15-16歳、チャンピオンシップにそれぞれ区分。

 県勢のうち同地方から唯一選ばれた田沢は、男子13〜14歳の100メートルバタフライにエントリーしている。田沢の同種目の本年度県内ランキングは、昨年7月3日の第39回全国JOC夏季県予選会決勝で出した1分0秒29によって4位。

 今年も県内の精鋭らが全国に挑むものの、県勢は前回、個人、総合とも入賞にほど遠い結果に終わっただけに、今大会は一層の奮起が期待される。県勢の選手リストは下表のとおりだが、2016年度大会に位置づけているため旧学年で表しており、小学6年、中学、高校各3年は今春卒業。

170313P1.JPG - 101,702BYTES
170313P2.JPG - 44,344BYTES