2017年2月27日付     
土濃塚が横一線制す

全国高校選抜ノルディック

男子15キロクラシカル
 
複合は木村が頂点に

 長野県野沢温泉村を会場とする第29回全国高校選抜スキー大会ノルディック種目第3日の26日、公開競技を含む男女4種目を行った。秋田北地方勢は、男子15キロクラシカルで土濃塚悠成(秋田北鷹2年)が3選手ほぼ横一線を制して頂点に立ち、橋和希(同)が2位と北鷹でワンツーフィニッシュ。また、複合男子は木村吉大(花輪3年)が優勝を飾った。

  第3日は南原クロスカントリーコースで男子15キロ、女子10キロ各クラシカル、野沢温泉シャンツェで男子複合前半飛躍、同コースで同後半距離、同じ競技会場で公開競技として女子複合を行った。

 72選手がフィニッシュした男子15キロクラシカルは、頂点に立った土濃塚悠成(秋田北鷹2年)が42分55秒9、2位の橋和希(同)が0.5秒差の42分56秒4、3位の宮崎遼周(新潟・小出2年)が0.7秒差の42分56秒6と、3選手がほぼ横一線でゴールする"超"激戦を繰り広げた。見事優勝を飾った土濃塚は、前日の同10キロフリー2位に続く表彰台。このほかの秋田北地方勢は、木村龍也(花輪3年)が10位に食い込んだ。

 56選手がフィニッシュした女子10キロクラシカルで秋田北地方勢は、成田生絵(十和田3年)が31分1秒5で3位表彰台に立ったほか、米田菜緒(小坂3年)が31分16秒7で4位、田中星那(花輪1年)が31分17秒7で7位、田原朱莉(十和田3年)が31分28秒6で9位と、4選手が入賞した。成田と米田はともに、前日の女子5キロフリーと同順位。

 20選手がフィニッシュした男子複合で木村は前半飛躍で6位とまずまずの位置につけ、後半距離で圧倒的な強さを見せつけて先の第66回全国高校スキー大会、第72回国民体育大会「ながの銀嶺国体」冬季スキー競技会に続く3冠を達成した。このほかの秋田北地方勢は湯瀬瞬(小坂3年)が4位、湯瀬晃成(同1年)が5位に食い込んだ。

 公開競技の女子複合は出場選手が5人と少ないながらも、秋田北地方勢は工藤稀凜(花輪1年)が3位と健闘。男子15キロ、女子10キロ各クラシカル、男子複合の入賞(10位以内)結果は下表のとおり。 (午前零時)   前の記事

男子15キロクラシカル

 170227AP1.JPG - 101,845BYTES

女子10キロクラシカル

170227AP2.JPG - 102,742BYTES

男子複合

170227AP3.JPG - 79,555BYTES