2017年2月26日付     
日本は銅メダルと6位

バイアスロンミックスリレー 

札幌冬季アジア大会

 札幌冬季アジア大会第7日は25日、札幌市西岡競技場でバイアスロンの2x6キロ女子+2x7.5キロ男子ミックスリレーを行った。秋田北地方勢の立崎幹人(自衛隊、小坂町出身)、立崎芙由子(同・米内沢高出)の両選手を含む日本Aが銅メダルを獲得。また、田中きらり(同、花輪高出)を含むもう1つの日本Bも6位に食い込んだ。

 同ミックスリレーは、カザフスタンに金、銀を独占されたものの、日本Aは1走の立崎芙由子がトップに21秒6差、2位に7秒8差の18分11秒9で3位の好発進。

 2走の田中友里恵(日本バイアスロン連盟、新潟出身)がチーム順位を4位に下げたが、前々日の男子10キロスプリントで銅メダル、前日の同12.5キロパシュートで金メダルに輝いた3走の立崎幹人が再び3位の座を取り戻し、アンカー枋木司(自衛隊、青森県出身)が同順位を"死守"し、1時間18分25秒1でフィニッシュした。

 日本Bは、1走の蜂須賀明香(自衛隊、北海道出身)が7位、2走の田中が8位、3走の寺林拓人(同)が7位でつなぎ、アンカー中島有基(同、新潟県出身)が6位にランクアップして1時間23分22秒1でフィニッシュ。銅メダルの日本チームの結果は下表のとおり。(午前零時)

前の記事

Leg Name P S T Time Rk Behind Time Rk Behind
1 立崎芙由子 0+1 0+0 0+1 18:11.9 3 +21.6 18:11.9 3 +21.6
2 田中友里恵 0+2 0+3 0+5 20:23.5 4 +1:59.6 38:35.4 4 +2:21.2
3 立崎幹人 0+0 0+3 0+3 19:40.2 3 +36.9 58:15.6 3 +2:29.4
4 枋木司 1+3 0+1 1+4 20:09.5 3 +36.7 1:18:25.1 3 +2:44.8