2017年2月25日付     
リレーで大活躍

秋田北地方勢 

全日本学生スキー選手権閉幕

 第90回全日本学生スキー選手権大会最終日は24日、男女11種目を行い、閉幕した。リレー女子1部は秋田北地方勢がメンバー入りした早大が優勝、日大が2位、同男子1部は早大が2位、東海大が3位表彰台。また、回転女子2部は県勢の林崎華帆(角館高-立命館大1年)が初優勝を飾った。

 青森県大鰐町の青森あじゃらクロスカントリーコースで行ったリレー女子1部(5キロ×3)は、12チームがフィニッシュ。秋田北地方勢の佐藤葵(秋田北鷹高-早大1年)が2走を担った早大は47分3秒9で優勝を飾り、藤田菜々瀬(秋田北鷹高-日大1年)が1走を担った日大が早大にわずか0.6秒差の47分4秒5で2位に入った。

 同クロスカントリーコースで行ったリレー男子1部(10キロ×4)は、14チームがフィニッシュ。秋田北地方勢の佐藤太一(秋田北鷹高-早大4年)が2走、田中聖土(花輪高-早大3年)が3走を担った早大は、優勝した日大に20秒4差の1時間48分13秒0で2位、児玉宗史(十和田高-東海大2年)がアンカーを担った東海大が1時間48分52秒1で3位表彰台に立った。

 大鰐町の雨池国際チャンピオンコースで行った回転女子2部は、60選手がフィニッシュ。県勢は林崎華帆が1本目1分2秒15、2本目1分4秒17、合計タイムが2位に0.1秒差の2分6秒32で見事初優勝を飾った。(午前零時) 前の記事