2017年2月24日付     
秋田北地方は13人

本年度の消防庁長官表彰 

永年勤続功労で

 総務省消防庁は23日、本年度の消防功労者消防庁長官表彰を発表した。秋田北地方関係は消防吏員4人、消防団員9人の計13人をそれぞれ永年勤続功労で表彰。3月7日の「消防記念日」にちなみ、都内港区虎ノ門2丁目のニッショーホールで同8日午前10時半から青木信之消防庁長官らが出席(予定)して表彰式を行う。

 本年度の同長官表彰は全国で功労章が176人、永年勤続功労章が2,888人、表彰旗が30機関、竿頭綬が49機関、都道府県消防防災関係事務従事職員表彰が2人と決まった。秋田北地方関係の被表彰者は次のとおり。 (午前零時)

○永年勤続功労章を授与する消防吏員=橋幸一(大館市消防本部消防司令長)、中嶋誠(北秋田市同)、田中政幸(鹿角広域行政組合消防本部消防司令)、豊間勇作(大館市消防本部同)

○永年勤続功労章を授与する消防団員=板橋和男(鹿角市消防団副団長)、児玉忠幸(同)、菅原新一(大館市消防団分団長)、菅原仁(同)、武田健一(同)、藤島則秋(同)、戸島昭彦(北秋田市同)、戸島丈夫(同)、成田高雄(小坂町同)