2017年2月21日付     
成田が3位表彰台

純飛躍女子1部

全日本学生スキー選手権

 秩父宮杯、秩父宮妃杯第90回全日本学生スキー選手権大会第3日(競技2日目)は21日、青森県大鰐町で男女7種目を行った。競技初日の前日に3選手が優入賞した秋田北地方勢は、純飛躍の女子1部(HS100メートル・K点90メートル)で成田楓(小坂高-日大3年)が3位表彰台に立った。

 21日は10キロクラシカル女子1部、2部、男子3部を青森あじゃらクロスカントリーコースで、純飛躍男女各1部を滝ノ沢シャンツェで、大回転男子1部、2部を雨池国際チャンピオンコースで行った。

 競技初日の前日、秋田北地方勢は77選手がフィニッシュした30キロフリー男子1部で田中聖土(花輪高-早大3年)が1時間20分26秒5で初優勝を飾り、14秒3差の1時間20分40秒8で児玉宗史(十和田高-東海大4年)が2位と、ワンツーフィニッシュ。また、80選手がフィニッシュしたスーパー大回転男子1部で村田輝昭(京都産業大4年・上小阿仁中出)が、56秒96で7位入賞。

 一方、競技2日目の21日は、出場選手が5人と少ないながらも純飛躍女子1部で成田が1回目77.5メートル、2回目89メートルを記録し、190点を獲得して3位に食い込んだ。

 このほか、37選手がフィニッシュした10キロクラシカル女子1部で佐藤葵(秋田北鷹高-早大1年)が36分42秒3で9位入賞。藤田菜々瀬(秋田北鷹高-日大1年)は、37分16秒6で12位と惜しくも入賞を逃した。