2017年2月18日付
全国3番目の高さ

県内の今春高卒予定者就職内定率

12月末現在95.8%

 県内の今春高卒予定者の就職内定率は東北最高で、全国でも3番目の高さとなっている。文部科学省が17日公表した昨年12月末現在の高卒予定者就職内定状況で示されたもの。

 同省の調査は公務員や自営業者を含む全就職希望者を対象としているため、学校や公共職業安定所を通した求職者のみを対象とする厚生労働省(各都道府県労働局)の調査とは、結果が異なる。

 12月末現在の就職内定率は、全国平均で前年同期を0.9ポイント上回る90.9%。同現在としては2年度(3年3月卒)の92.1%、元年度(2年同)の91.6%に続いて3番目に高い。

 本県を含む東北の内定状況は下表のとおりだが、同6県で最も高い本県の内定率は県内94.8%、県外97.6%、県内外平均95.8%で、前年同期(95.9%)とほぼ横ばい。ちなみに、秋田労働局が先に公表した同現在の内定率は前年同期比0.5ポイント増の94.9%で、文科省の調査結果はこれを0.9ポイント上回った。

 全国で最も内定率が高いのは富山の97.2%で、以下、福井の96%、本県の95.8%、岩手の95.6%、島根の95.5%などの順。67%の沖縄は全国で群を抜いて低く、これに東京の82.9%、神奈川の83.8%、大阪の84.9%、高知の82.9%などが続いている。

170218AP1.JPG - 39,101BYTES
170218AP2.JPG - 87,840BYTES