2017年2月15日付     
少年男子クラシカルで土濃塚がV

ながの銀嶺国体競技初日

県勢は4種目で優入賞

 第72回国民体育大会「ながの銀嶺国体」冬季スキー競技会第2日は15日、前日の開始式に続いて3日間にわたる熱戦の火ぶたが切って落とされた。県勢は、距離少年男子10キロクラシカルで土濃塚悠成(秋田北鷹高2年)が全国制覇を果たしたほか、4種目で優入賞。

 「氷雪にかがやけ 君の技ちから」を大会スローガンとする今国体のスキー競技会は、長野県白馬村が会場。本県からは秋田北地方勢を中心とする59選手が、覇をかけて男女計23種目に出場。

 大会第2日、競技初日の15日は白馬八方尾根スキー場で大回転(成年男女A、同男子B)、白馬ジャンプ競技場で純飛躍(少年、成年A、同B)、白馬クロスカントリー競技場で10キロクラシカル(少年男子、成年男子A、同B)を行った。

 各種目のうち141選手がフィニッシュした距離少年男子クラシカルは、前回5位の土濃塚が2位に18秒4差の27秒58秒4で堂々初優勝。土濃塚は、第66回全国高校スキー大会の同種目に続く2冠を達成した。県勢が優入賞(入賞は8位以内)した種目の結果は下表のとおり。 (は県勢)

少年男子10キロクラシカル

順位 Bib 選手名 都道府県 所属 タイム 時間差 備考
1 139 土濃塚 悠成 秋田県 秋田北鷹高 27:58.4 0.0
2 116 坂詰 健太郎 新潟県 小出高 28:16.8 +18.4
3 41 外谷 涼太 長野県 飯山高 28:35.2 +36.8
4 35 進藤 洸太 秋田県 花輪高 28:59.6 +1:01.2

成年男子A10キロクラシカル

順位 Bib 選手名 都道府県 所属 タイム 時間差 備考
1 279 宇田 崇二 福井県 自衛隊体育学校 28:25.4 0.0
2 280 佐藤 友樹 岐阜県 岐阜日野自動車株式会社 28:38.5 +13.1
3 276 田中 聖土 秋田県 早稲田大学 28:53.1 +27.7
4 272 板橋 達基 青森県 陸上自衛隊青森 28:55.0 +29.6
5 251 吉田 悠真 北海道 北海道旅客鉄道(株) 28:58.5 +33.1
6 250 児玉 宗史 秋田県 東海大学 29:01.6 +36.2

少年男子純飛躍

順位 StNo. 選手名 都道府県 km/h Pos. 飛距離 距離点 飛型審判 飛型点 得点 合計 備考
所属 A B C D E
1 65 岩佐 勇研 北海道 82.00 1 90.0 60.0 18.0 17.5 18.0 17.5 17.5 53.0 108.7 108.7
札幌日本大学高
2 74 山川 太朗 北海道 81.50 2 97.0 74.0 15.5 13.5 14.5 14.0 11.0 42.0 99.8 99.8
東海大学付属札幌高
3 83 宮ア 敬太 秋田県 81.20 3 84.5 49.0 17.0 17.0 17.0 16.5 16.5 50.5 91.8 91.8
花輪高
3 63 湯瀬 晃成 秋田県 81.50 3 89.0 58.0 17.0 17.5 17.5 17.0 17.0 51.5 91.8 91.8
小坂高

成年男子B純飛躍

順位 StNo. 選手名 都道府県 km/h Pos. 飛距離 距離点 飛型審判 飛型点 得点 合計 備考
所属 A B C D E
1 23 永井 健弘 岩手県 82.10 1 97.5 75.0 16.5 16.5 16.0 16.0 16.5 49.0 111.1 111.1
盛岡市役所
2 22 湊 祐介 秋田県 83.10 2 91.5 63.0 17.5 18.0 17.5 17.5 18.0 53.0 103.2 103.2
東京美装興業グループスキー部
3 17 船木 和喜 北海道 82.80 3 92.5 65.0 16.0 18.0 17.5 17.5 16.5 51.5 98.3 98.3
フィットスキー
4 19 小山 祐 岐阜県 82.20 4 88.5 57.0 17.0 15.5 16.0 17.0 16.5 49.5 90.1 90.1
岐阜日野自動車株式会社
5 2 成田 巨樹 秋田県 82.70 5 90.5 61.0 16.0 15.5 15.0 14.5 15.0 45.5 88.6 88.6
小坂製錬株式会社
6 12 小山内 佳彦 秋田県 82.70 6 81.0 42.0 16.5 17.0 16.5 16.5 16.5 49.5 84.9 84.9
東京美装興業(株)鹿角事業所