2017年2月6日付
リレーは男女とも入賞

全国中学スキーで本県チーム

複合は小舘が4位

 山形県を競技会場とする第54回全国中学校スキー大会最終日は5日、真室川町の秋山クロスカントリーコースで男女リレー、米沢市の御成山公園ジャンプ場と米沢総合公園特設クロスカントリーコースで複合、最上町の赤倉温泉スキー場で女子大回転を行った。リレー本県チームは女子が4位、男子が5位入賞。また、複合は小舘冬歩(花輪二3年)が4位に食い込んだ。

 19チームがフィニッシュした男子リレー(4人×5キロ、1・2走クラシカル、3・4走フリー)で本県チームは、58分4秒5で前回と同様、5位入賞。 前回に続いて1走を担った小野寺唯人(合川2年)は、4位で2走の堀部慈生(同)につないだ。堀部は5位に順位を下げ、3走の畠山侑也(八幡平2年)は同順位を維持し、アンカーの山田龍輔(上小阿仁2年)も5位のままフィニッシュ。

 15チームがフィニッシュした女子リレー(4人×3キロ、同)で本県チームは、37分10秒7で前回と同様、4位入賞。1走の近藤さくら(合川1年)は5位で2走の山田智子(森吉1年)につなぎ、3走の本田千佳(小坂3年)は同順位を維持し、アンカーの黒澤南帆(花輪一3年)も4位のままフィニッシュ。

 45選手がフィニッシュした複合の入賞結果は下表のとおりだが、飛躍(ヒルサイズ55メートル、K点50メートル)で飛距離44.5メートル、4位の好位置につけた小舘は距離(5キロフリー)で追い上げをみせ、3位に約14秒差で惜しくも表彰台を逃したものの4位と健闘した。

 126選手がフィニッシュした女子大回転は、高橋凜湖(太田2年)の27位(1本目1分12秒24、2本目1分10秒30、合計タイム2分22秒54)が県勢の最高。  (午前零時)  前の記事

複合の入賞結果

170206AP.JPG - 154,652BYTES