2017年1月30日付     
石垣が2種目表彰台

全日本スキー選手権距離

スキーアスロンは3位

 新潟県を競技会場とする第95回全日本スキー選手権大会距離競技最終日は29日、十日町市吉田クロスカントリー競技場で男女スキーアスロンを行った。秋田北地方勢は女子で石垣寿美子(十和田高出・秋田ゼロックス)が3位表彰台に立ったほか、佐藤葵(秋田北鷹高-早大)が6位、男子で児玉宗史(十和田高-東海大)が8位にそれぞれ入賞。

 前半クラシカル、後半フリーからなるスキーアスロンは一斉にスタートし、中継地点のピットボックスで機材をクラシカル用からフリー用へ交換してフィニッシュを目指す種目。

 男女各入賞者は下表のとおりだが、うち秋田北地方勢の女子(前半5キロクラシカル、後半同フリー)で石垣は、30分6秒0でフィニッシュした31選手中3位に食い込み、初日の個人スプリントフリー1.3キロ2位に続いて表彰台に立った。佐藤は、同フリーと同様6位入賞。このほか、中嶋愛莉(秋田北鷹高-東海大)が12位、藤田菜々瀬(秋田北鷹-日大)が14位と、惜しくも入賞を逃した。

 また、71選手がフィニッシュした男子(前半10キロクラシカル、後半同フリー)で秋田北地方勢は53分14秒8で児玉が8位と、初日の個人スプリントフリー1.3キロ10位、第2日の男子チームスプリントクラシカル5位に続いて3度目の入賞をものにした。 (午前零時)

前の記事

男子スキーアスロン 10キロクラシカル + 10キロフリー入賞者

170130AP1.JPG - 77,816BYTES

女子スキーアスロン 5キロクラシカル + 5キロフリー入賞者

 170130AP2.JPG - 79,030BYTES