2017年1月28日付     
合川は男女とも3位

東北中学スキーリレー

男子回転で県勢、田口がV
 
 第53回東北中学校スキー大会(東北中学校体育連盟など主催)第3日は27日、福島県の猪苗代町クロスカントリースキーコースで距離男女リレー、猪苗代スキー場「ミネロ」で男女回転を行い、距離とアルペンの各競技日程を終えた。秋田北地方勢は、リレーで合川が男女とも3位表彰台に立ったほか、女子で小坂が4位に食い込んだ。男子回転で県勢は、田口慧(生保内3年)が優勝を飾った。

 距離とアルペンの各競技は27日で閉幕し、2月6日に山形県米沢市で純飛躍と複合を行う。競技会場は純飛躍と複合前半飛躍が御成山公園ジャンプ場、同後半距離が米沢総合公園特設クロスカントリーコース。

 男女リレー(男子は3位まで、女子は4位まで掲載)は下表のとおりだが、うち12校がフィニッシュした男子(4人×5キロ)で3位表彰台に立った合川は1走の土濃塚翔(1年)が8位と出遅れた。しかし、2走の小野寺唯人(2年)が区間1位の好走でチーム順位を2位に引き上げた。3走の堀部慈生(2年)が2人に抜かれて4位に下げたものの、アンカー安部優雅(3年)が区間2位の踏ん張りをみせ、1時間8分29秒2で3位表彰台をもぎ取った。

 同じく12校がフィニッシュした女子(3人×3キロ)で合川は、1走の近藤さくら(1年)が1位の好走で2走の近藤真凜(2年)につないだ。近藤は区間順位8位とスピードに乗りきれず、通過順位は2位に後退。アンカー澤藤美空(1年)はさらに順位を落としながらも、34分17秒2で3位表彰台を"死守"した。

 2走まで7位だった小坂は表彰台にこそ届かなかったものの、初日の距離女子フリー、第2日の同クラシカルで2冠を達成したアンカー本田千佳(3年)の踏ん張りで34分30秒2、4位入賞を果たした。

 一方、55選手がフィニッシュした男子回転で県勢は田口が1分25秒60(1本目42秒11、2本目43秒49)で見事頂点に立った。秋田北地方勢の最高順位は、廣嶋渓介(十和田)の10位(1分30秒62)。

 44選手がフィニッシュした女子回転で県勢は、橋凜湖(太田2年)が1分31秒50(1本目44秒07、2本目47秒43)で4位に食い込んだ。秋田北地方勢の最高順位は、安井陽菜(鷹巣南3年)の10位(1分33秒90)。  (午前零時) 

男子リレー・4人×5キロ(3位まで)

170128P1.JPG - 82,351BYTES

女子リレー・3人×3キロ(4位まで)

170128P2.JPG - 82,382BYTES