2017年1月11日付
秋田北地方勢は8選手

15日に都道府県対抗女子駅伝

大会事務局、選手リスト公表

  15日に第35回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が行われるのを前に大会事務局は10日、同日現在の選手リストを公表した。本県チームにメンバー入りした13選手のうち秋田北地方勢は、秋田北鷹高の4選手を軸に8選手が名を連ねた。

 同大会は、京都市西京極総合運動公園陸上競技場発着の陸上競技場付設公認マラソンコース9区間、42.195キロで行う。号砲は、15日午後零時半。控えの4選手を含む本県チームの顔ぶれは下表のとおりだが、このうち三ヶ田楓(第一生命・花輪高出)は花輪一中2年だった第30回を皮切りに、第31回、第32回、第33回、第34回と5年連続で都大路を走っており、32回以降は3回連続で1区の重責を担った。今回は、初めて「ふるさと選手」としてメンバー入り。

  また、これまでにない構成としては高校選手の顔ぶれが挙げられる。前回までは花輪高を軸としていたのに対し、今回は花輪高から黒澤実紀(2年ぶり2度目)1人にとどめ、萩野真理、藤田正由加、中嶋夏奈、萩野真紀の秋田北鷹4選手を起用。

 統合によって開校して以降、北鷹選手がメンバー入りするのは今回が初めて。先月25日に京都市の西京極陸上競技場を発着するコース5区間、21.0975キロで行われた第28回女子全国高校駅伝競走大会で初出場の北鷹は46校中34位だったものの、コースの感触を知っている北鷹選手らの"雪辱"に期待がかかる。 (午前零時)    前の記事

本県チーム

選手名 年齢 ふるさと 備考
九島 麻衣子 25 三井住友海上(能代北高出)・2年ぶり4度目・30回、31回、33回にアンカー
三ヶ田 楓 19 第一生命(花輪高出)・6年連続・過去3回は1区
黒澤 実紀 18 花輪高・2年ぶり2度目
遠藤 優梨 18 秋田中央高・初メンバー入り
鈴木 優花 17 大曲高・2年連続2度目・前回は2区
萩野 真理 17 秋田北鷹高・初メンバー入り
藤田 正由加 17 秋田北鷹高・初メンバー入り
中嶋 夏奈 16 秋田北鷹高・初メンバー入り
萩野 真紀 16 秋田北鷹高・初メンバー入り
本間 愛梨 16 大曲高・2年連続2度目・前回は6区
九島 亜美 15 鷹巣中・初メンバー入り・全国中学校駅伝で2区
高橋 菜都紀 15 鷹巣中・初メンバー入り・全国中学校駅伝で1区
田中 凜々子 15 飯島中・初メンバー入り