2016年12月30日付
初日の出は期待薄か

県内の年末年始天気予報

ドカ雪は避けられそう

 秋田地方気象台が29日夕方公表した県内の年末年始(30日-1月5日)の天気予報によると、大みそかまでは本格的な降・積雪が避けられない見込みだが、元日以降、ドカ雪は何とか免れそうな気配だ。とはいえ、予報は目まぐるしく変わるため、30日以降一貫して雪かき作業に汗を流さなくてはならない可能性も。

 向こう1週間、東北日本海側は低気圧や寒気の影響で雪または雨の降る日が多いという。同太平洋側は曇りや晴れだが、31日と期間の中ごろは低気圧や寒気の影響で雪または雨の降る所がある見込み。最高、最低気温はともに平年並みか平年より高く、期間の中ごろはかなり高い所もありそう。

 県内の30日から年明け5日までの週間天気予報は下表のとおりだが、予報は日々刻々と変わるため信頼性に疑問がありながらも、今予報からすれば初日の出は期待薄とみられる。28日まで暖冬気味に推移してきた秋田北地方などは、29日を中心とする降雪で「根雪」の可能性が高い積雪状態に。30、31日もまとまった降雪が予想されるため、今後は連日雪かき作業に悩まされる可能性も。 (午前零時)
 
日付 30
31
1
2
3
4
5
秋田県
雪時々止む
雪時々止む
雪か雨のち曇
雪か雨後曇り

曇り
曇時々雪
曇り時々雪
曇時々雪
曇り時々雪
曇一時雪
曇り一時雪

曇り
降水確率(%) 60/50/50/50 70 40 90 60 60 40
信頼度
秋田 最高(℃) 3
5
(4〜8)
7
(6〜9)
6
(5〜10)
5
(4〜7)
5
(3〜7)
5
(3〜7)
最低(℃) -1
-2
(-3〜2)
-1
(-2〜1)
1
(0〜3)
0
(-1〜2)
-1
(-3〜0)
-2
(-3〜0)