2016年12月30日付
3カ月連続上昇

10月の県鉱工業生産指数

4カ月ぶり100を超える

 県調査統計課は30日までに、10月の県鉱工業生産指数をまとめた。同月の季節調整済指数(22年=100)は、前月比2.6%増の102.4で、3カ月連続の上昇。

 鉱工業総合で100を超えたのは6月の100.1以来4カ月ぶりで、過去1年間では前年12月の101.4を抜いて最も高かった。業種別では食料品工業、はん用 ・生産用・業務用機械工業、電子部品・デバイス工業など9業種で上昇し、電気・情報通信機械工業、金属製品工業、化学工業など6業種で低下した。

 うち前月に315.9%の著しい伸びをみせた電気・情報通信機械工業は、一転して69.2%落ち込む乱高下ぶり。また、清酒や冷凍調理食品を主な品目とする食料品工業は前月に比べて33.2%上昇し、同指数は88.7に。前年12月の84.2以来、10カ月ぶりに80を超えた。10月の主な業種別動向は下表のとおり。(午前零時)

161230P.JPG - 77,007BYTES