2016年12月27日付
休日夜間急患は4医療機関

年末年始の救急医療体制

在宅当番医制や病院群輪番制も

 県医務薬事課は26日、年末年始(29日-1月3日)の救急医療体制を公表した。休日または夜間の急病患者の応急処置などを行う休日夜間急患センター等は県内4医療機関。

 うち秋田北地方の大館市休日夜間急患センターは、29日が午後7時から10時までで、30日から1月3日までは午前9時−正午、午後1時−4時、同6時-10時をそれぞれ診療時間とした。

 また、県内の在宅当番医制による当番医のうち同地方は鹿角地区が大湯リハビリ温泉病院など6医療機関、北秋田市が同市民病院とした。このほか、県内では病院群輪番制による当番病院も。