2016年12月22日付
東北最低、全国低ランク

県内事業所の現金給与額

今年は16万9,868円

 県内事業所の「きまって支給する現金給与額」は依然として東北で最も低く、全国でも低ランクに位置している。厚生労働省が21日公表した28年毎月勤労統計調査特別調査の概況で示されたもの。

「きまって支給する現金給与額」は所得税、各種社会保険料などを控除する前の額で、基本給に加えて職務、通勤、家族などの各種手当などを含む。同省は、7月分の給与額について常用労働者1人以上4人以下を雇用する事業所を対象に毎年調査しており、今年は無作為に選んだ2万2,004事業所の89.6%を占める1万9,714事業所から回答を得た。

 県平均の同現金給与額は16万9,868円で、前年調査に比べて6,390円、3.9%の増加。全国平均を2万5,833円下回ったものの、全国との格差は1,958円縮小した。ちなみに、全国平均は同4,432円、2.3%増の19万5,701円。

 全国で最も高いのは広島県の23万5,107円で、これに東京都の23万3,261円、大阪府の22万2,889円などが続いた。最も低いのは、唯一16万円を割り込んでいる沖縄県の15万6,019円。本県は前年に続いて東北最低、全国でも低い方から8番目だが、前年より"ランク"を3つ上げた。

 このほか、本県の月出勤日数は全国平均を0.6日上回る20.8日(前年21.3日)、通常日1日の実労働時間は全国平均と同水準の7時間(前同7時間)、短時間労働者の割合は同0.9ポイント上回る29.8%(同27.7%)。東北各県の状況は下表のとおり。 (午前零時)

 
県名 きまって支給する
現金給与額(円)
出勤日数(日) 通常日1日の
実労働時間(時間)
短時間労働者の割合(%)
青   森 175,519 21.1 7.1 26.8
岩   手 170,929 21.0 7.0 28.8
宮   城 204,867 20.4 7.2 23.8
秋   田 169,868 20.8 7.0 29.8
山   形 190,002 21.7 7.2 21.6
福   島 196,342 21.1 7.2 22.8