2016年12月8日付
新たに大館製作所

秋田北地方で2番目

ユースエール認定企業

 秋田労働局は8日、(株)大館製作所(中田直文社長・本社大館市大茂内)を県内3社目のユースエール認定企業に決定した、と発表した。同3社のうち2社を秋田北地方で占めている。

 「青少年の雇用の促進等に関する法律」に基づいて厚生労働省は、若者の採用・育成に積極的で離職率・有給休暇取得実績などが一定水準を満たし、若者の雇用管理などが優良な中小企業を認定する制度(ユースエール認定制度)を27年10月から実施。 

 認定マークを広告などに使用することにより、認定企業は同法律に基づく認定を受けた優良企業であることを対外的にアピールできる。また、労働局やハローワークが情報発信を後押しして企業が求める人材の円滑な採用を支援し、若者とのマッチングの向上を図る。

 同労働局は今年3月8日に秋田製錬(岡部忠久社長)を県内第1号のユースエール認定企業としたのに続き、10月18日に小坂町の社会福祉法人小坂ふくし会(栗山喜勝理事長)、さらに今回、大館製作所を認定することに決定。同社は、県北の製造業初の認定企業となる。認定通知書交付式は、14日午前11時から大館公共職業安定所会議室で行う。 (午後3時)