2016年10月25日付
11月18日まで意見を募集

北秋田市が策定

小中学校適正規模再編プラン案

 来年度から15年間を見据えた小中学校適正規模再編プラン(案)を策定した北秋田市は、同プランに対する意見を市民に求めている。同プランでは阿仁合・大阿仁・前田の3小学校、鷹巣南・鷹巣中央の両小学校、鷹巣東・綴子・鷹巣の3小学校、阿仁・森吉の両中学校、鷹巣・鷹巣南の両中学校の各統合計画を示した。

 同プラン(案)は、市民の代表17人による検討委員会で協議。統合該当各地区での説明会や市民が寄せた意見などをもとに、最終案をまとめたいとしている。案では、目指す適正規模として@学級替えができる規模(小中学校とも1学年2学級以上)A1学年1学級でも20人前後の規模B複式学級の解消、の3点を挙げた。

 これに基づく各地区の統合計画案のうち阿仁合・大阿仁・前田の3小学校については、31年度に大阿仁小に阿仁合小が入る形で統合する計画を軸とした2案と、34年度まで3校を単独とする計画を軸とした2案の、計4案を設定。

 また、鷹巣南中と鷹巣中の統合計画は、35年度に鷹巣南中が鷹巣中に入る形で統合。空いた鷹巣南中校舎を35年度に改修し、鷹巣南小と中央小統合校の新校舎として使用する案を掲げた。

 意見は11月18日までに市教委教育課(同市花園町15-1、旧中央公民館2階)に直接持参するか、郵送、FAX(0186-63-2678)、電子メールのいずれかで送ること。様式は自由。