2016年9月3日付
インバウンドに3新事業など

県、9月補正予算案を内示

定例県議会9日に開会

 
 
県は2日、28年度9月補正予算案を議会各会派に内示した。海外個人旅行客の誘客拡大を図る「秋田のインバウンド誘客促進事業」では、3点の新事業を盛り込んだ。9月県議会は、9日に開会する。

 今補正予算案について県は「国の制度を活用した秋田の創生に向けた取り組みのほか、地域における医療・介護の充実を図るための事業など『第2期ふるさと秋田元気創造プラン』に基づく事業、公共事業等について計上した」と説明。

  一般会計補正予算案の規模は54億4710万3000円で、補正後の総額を6156億3368万1000円とした。前年度9月補正後予算との比較では41億9894万円、0.7%の減少。

 同予算案の財源のうち特定財源は国庫支出金25億3134万2000円、県債16億1720万円、諸収入2億8281万5000円、寄付金1億20万円、また、繰入金を5億9061万円減額し、計39億5866万1000円とした。一般財源は、地方交付税14億8844万2000円。

 9月議会は、9日から10月6日までの28日間を予定している。一般質問は15日(3人)、16日(同)、20日(2人)の3日間行い、秋田北地方関係は20日に石川徹議員(鹿角選挙区、民進・無所属)が登壇する。一般会計補正予算案のうち秋田の創生に向けた取り組み、第2期ふるさと秋田元気創造プランに基づく事業は次のとおり。 (午前零時)

 <秋田の創生に向けた取組の推進>〜地方創生推進交付金・東北観光復興対策交付金・企業版ふるさと納税活用事業〜

(1)秋田版自然公園満喫プロジェクト事業(新規)                                     518万4000円
十和田八幡平国立公園が国の「国立公園満喫プロジェクト」に選定されたのを機に、本県の国定公園や県立自然公園の魅力を合わせて発信し、 外国人観光客を中心とした誘客促進に結びつける。
・事業内容  多言語表記の「あきた自然公園マップ」の作成
 
(2)園芸労働力凄腕サポート実証事業(新規)                                         562万5000円 
 園芸作物の生産の安定・拡大を図るため、パワーアシストスーツの使用による農作業などの軽労化実証試験を行う。
・事業内容  樹園地などの除排雪作業でのパワーアシストスーツの使用による作業効率、医学的疲労度などの測定
 
(3)秋田のインバウンド誘客促進事業                                                 8935万2000円 
 海外個人旅行客の誘客拡大を図るため、本県ならではのコンテンツを活かしたプロモーションなどを展開。
@`AKITA里山サイクリング推進事業(新規)                                         1644万7000円 
農山村の原風景を巡るサイクリングルートや体験プログラムなどを提案することにより、インバウンド誘客の拡大を図る。
・事業内容  モデルコースの調査・設定、台湾に向けた自転車雑誌やウェブサイトでのPRなど。
A`モーグルの聖地「秋田・たざわ湖」ブランド化事業(新規)                             5055万1000円 
モーグルワールドカップの開催地として注目を集めているたざわ湖スキー場と周辺地域の魅力を発信し、インバウンド誘客の拡大を図る。
・事業内容  スキー場や周辺観光のプロモーションビデオ制作、スキー雑誌、ウェブサイト、ブロガーなどを活用したPR、外国人目線による受入環境改善に向けた調査など。
B`冬の東北とスノーコンテンツ等発信事業(新規)                                       2235万4000円
東北6県が連携し、「冬祭り」や「冬の生活体験」など他の地域にはない東北独自の冬の魅力をテーマとした旅行商品を造成するとともに、旅行業者などと連携したプロモーションを展開。
・事業内容  冬季体験プログラムの掘り起こし、冬の東北モデルコース(周遊プラン)の企画・売り込み、海外メディアの招へいなど。

(4)白神山地保全推進事業【企業版ふるさと納税活用事業】(新規)                     396万1000円 
世界遺産である白神山地を将来にわたって守り伝えるため、保全に向けた多面的な取り組みを推進。
@秋田白神祭開催事業                                                                 304万6000円 
白神山地の価値と魅力、保全の大切さを伝えるエコツーリズムイベントを開催。
・開催時期  28年11月
・事業内容  岳岱自然観察教育林トレッキング、白神山地世界遺産センター見学ツアーなど
A白神山地環境教育推進事業                                                           91万5000円 
将来の保全の担い手となる子どもたちを対象に、白神山地をフィールドとした環境教育を行う。 
・開催時期  29年1月 
・事業内容  自然体験ツアー
・対 象 者  小学4〜6年生 
・定    員  20人 
B白神山地保全のための散策・登山ルート整備事業(29年〜) 
C白神山地総合ガイド育成事業(29年〜)
 
(5)秋田の里地里山を守り継ぐプロジェクト事業【企業版ふるさと納税活用事業】(新規)    52万円
秋田の財産であり、日本の財産でもある里地里山を守り、水源・景観・生産・文化などの多面的な機能を後世に引き継ぐための取り組みに対して支援。
@里地里山の保全に向けたフォーラムの開催                                 52万円 
・開催時期  29年2月 
・会    場  秋田市 
A地元組織と企業等の協働による保全活動に対する支援(29年〜) 
B里地里山における農地の借り手への支援(29年〜)

「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」に基づく事業                              
 
  (1)医療提供体制整備費補助事業                                                    2億2943万5000円 
救急医療、がん診療などの特殊な医療に要する設備整備や、スプリンクラーなどの整備を行う医療機関に対して助成。 
@病院群輪番制病院及び共同利用型病院設備整備事業                      1126万円
・補 助 先  厚生連
・補 助 率  国、県各3分の1
A救命救急センター設備整備事業                                          3142万2000円 
・補 助 先  秋田赤十字病院 
・補 助 率  国、県各3分の1

B人工腎臓装置不足地域設備整備事業                                             72万円 
・補 助 先  1施設 
・補 助 率  国が3分の1 
Cがん診療施設設備整備事業                                              6228万円 
・補 助 先  5病院 
・補 助 率  県が3分の1
D有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業                                  1億2375万3000円 
スプリンクラー等の整備を行う有床診療所等に対し助成。 
・補 助 先  スプリンクラー7施設、火災通報装置2施設 
・補 助 率  国が100% 
 
(2)病床機能分化連携促進事業                                                    1800万9000円 
医療需要に即した病床機能への転換を進めるため、県内病院が行う設備整備などに対して助成。 
・補 助 先 3病院
・補 助 率  県が2分の1
 
(3)介護サービス事業所認証評価制度構築事業(新規)                                    1267万1000円
介護人材の確保と職場定着を促進するため、介護従事者の処遇改善や人材育成などに積極的に取り組む事業所を認証・評価する制度を構築。 
・事業内容  認証評価制度検討委員会(仮称)の開催、評価項目、認証審査マニュアルなどの作成、認証ロゴマークの制作など。 
 
(4)産地パワーアップ事業                                                         2億7105万円 
意欲ある農業者等が高収益な作物・栽培体系への転換を図るための取り組みを支援。 
@集出荷施設の整備                                                                    2億6453万5000円 
・実施主体  JA秋田しんせい 
・補助対象  花き集出荷施設の整備 
・補 助 率  国が2分の1 
A複合作物の産地化推進                                                                651万5000円 
・実施主体  農業者(2経営体) 
・補助対象  トラクターの導入 
・補 助 率  国が2分の1

(5)果樹・花き等産地緊急支援対策事業(新規)                                          1361万1000円 
5月30日の降ひょうで被害を受けた農家の経営再建を支援するため、果樹、花きなどの再生産に向けた取り組みに対して助成。
@病害虫防除薬剤費・肥料費の助成                                                      1059万2000円 
・補助対象  果樹(りんご、もも、ぶどう)、花き(シンテッポウユリ、小菊)、野菜(ねぎ等)にかかる病害虫防除薬剤費、肥料費。 
・補 助 率  県が県が3分の1

A種苗費の助成                                                                        171万9000円 
・補助対象  花き(シンテッポウユリ、小菊)、キュウリにかかる種苗費 
・補 助 率  県が3分の1
B販売促進費の助成                                                       130万円 
・補助対象  規格外果実(りんご、もも)の販売促進費 
・補 助 率  定額
 
(6)がんばる中小企業応援事業                                                        1億2653万5000円 
意欲を持って自社の競争力の強化を図ろうとする中小企業を「がんばる中小企業」に認定し、雇用創出を伴う設備投資に対して助成。 

・対 象 企 業   製造業(環境・エネルギー型企業、資源素材型企業を含む)、 流通関連業、情報通信関連業。 
・補 助 要 件   投下固定資産額1〜3億円、新規常用雇用者5人以上 
・補   助   率  10%(加算制度あり) 
・雇用奨励費   25万円/人、3年間 
 
(7)県有体育施設整備・改修事業                                                  1892万2000円 
 県立野球場のナイター照明塔を改修。 
 ・事業内容  実施設計                   
 
(8)県単自然公園等施設整備費                                                    2000万円 
 自然公園内の自然環境の保全と利用者の安全性・快適性の向上を図るため、施設を改築。 
 ・整備箇所  太平山県立自然公園  殿淵園地公衆トイレ 
 
(9)地域医療介護総合確保基金積立金                                            23億1632万9000円 
地域での医療・介護の充実を図るための事業に活用する基金を積み増し。 
・積 立 額  23億2000万円(国が3分の2、県が3分の1) 

(10)県民の医療の確保に関する臨時対策基金積立金                                 1億円 
 県民から受領した寄付金を基金に積み立て。